北九州発、唯一無二のスリーピースバンド。
少し大人の落ち着いた音楽を、あなたのそばで〜

Vo/G:秀樹
Ba:ちぢ
Dr/Cho:きょーへー

YouTubeのアカウントを開設しました↓
https://www.youtube.com/channel/UCDi1xSGUxn7rXLVjPh_-c7g


next performance
2017/3/25(Sat)
大人のスマイルライブ(大)
@北九州芸術劇場・小劇場(北九州市小倉北区・リバーウォーク内)
OPEN 13:30 / START 14:00
TICKET ¥1,500(+drink 500)
CAST: DARTS/ソノダース(仮)/RISING FRIED chicken/まさおバンド/The RIOT/福永健次郎/秀樹(from NoLa)

2017/4/22(Sat)
WHIPPING POST ACOUSTIC LIVE
OPEN 19:30 / START 20:00
TICKET ¥2,000 (+drink \500)
CAST: 吉川(吉本昌亮/川口亮) / 秋山キョウヂ(Shelly) / 秀樹(from NoLa) 他

※両日とも秀樹のみの参加となります。



ライブへの出演依頼等ございましたら、是非ともお声がけくださいませ。その他、お気軽にお問い合わせください。

公式Twitter account:@nola20151227
更新履歴
 

バンド復活は未定なので

2017/09/19 22:35:58

なーにすっかなー(笑)

独壇場。

2017/03/09 19:17:22

独壇場。    
秀樹です。

早いもので、前回のライブから1ヶ月が経ちました。
前回のエントリーされたブログの中で、きょーへーから「バンドはしばらくお休みになる」とありましたが、メンバーの生活に変化が生じているためです。もちろん落ち着いたら再開します。

その間、私一人でNoLaのプロモーション活動を行なっていこうと考えております。

アコースティックギター1本。
たまにはきょーへーにカホンを持たせて奏でるかもしれません。

ひとまずトップにもあるように、2本のライブが決まっております。お時間のある方は是非ともお越しください。

以上、秀樹でした。

今年初live

2017/02/10 21:39:20

今年初のLIVEは
drum legendにて!
どーもー

きょーへーです

少しずつですが
バンドとしても成長出来てパフォーマンスも少しずつ
上がってきて
LIVE感も高まった気がするんですが
ここで重要なお知らせʬʬʬ

しばらくおやすみ期間になるかと
思います!

次はもっといいバンドで
一味違うNoLaをお届けできたらいいなと思います!

またねーʬʬʬ

年内、最終の音楽。

2016/12/29 22:20:19

秀樹です。

本日、「秀樹」個人としてのライブ活動が終わりました。

UNkokuraにて、アニソンの弾き語りをやってまいりました。演目は「サラリーマンのうた」(ボーカロイド)、「オレンジ」(とらドラ!)、「staple stable」(化物語)の3曲です。
来てくださった方に感謝しております。

アコースティック1本で弾き語るため、暴れられる曲もやりづらいものでして。とはいえ私自身も激しい曲よりも落ち着いた曲の方が得意かな、という自負もありまして、このような選曲にしました。

にしても、場慣れしていないと一人での弾き語りは敷居が高く感じます。いい経験と言われるとごもっともです。

このイベントを通して思ったこと。やっぱりアニソンイベントもやってみたい。
オリジナルはオリジナルで自身のある曲ばかりだから皆様に聞いていただきたい。その対極といいますか別枠として、アニソンを演奏して楽しみたい。そんな気持ちもあります。

もしそのような機会がありましたら、是非ともお楽しみにしていただけると幸いです。

きっとそれが、唯一無二と自称する所以。

2016/11/22 1:12:00

秀樹です。

最近は各種SNSで暴れてたもので、改めてここで書くようなことではないですが・・・

それでもやっぱり、まとめておかねば。

その前に、この2回のライブで関わってくださった皆様には誠に感謝しております。今後とも機会がございましたらよろしくお願い申し上げます。

ワンマンライブと昨日のライブと、色の違ったライブをやってきた自信があります。


ワンマンでは多くの曲を携えて、様々なNoLaの顔を見せることができたと思っております。
先日のライブでは、「NoLa」というバンドが浮き彫りになったものだと感じました。

感情に富んだバンドの方々。
その感情は音楽という形になり、人々に届けて初めて伝わるもの。
その熱量は我々NoLaには持ち合わせておらず、聴衆をひたすら引き込んでいく。

うん、確実にNoLaではできない。

でも、確実にNoLaの色というものは、しっかりと出せていると思っている。
「写真」のような、「絵画」のような音楽。それがNoLaなんだな、と。

曲を作ってるときは「とにかく好きな音楽」とか「やってみたい音楽」というだけで作ってる。ライブ映えするだとかそんなこと。
でも思い返すと確実に心当たりがあるわけで。

頭の中に写真や絵画のイメージがあって、その画を音楽という形にする。そうやってこれまで作ってきたし、きっとこれからもそうやって作るんだろうな、って。

演奏する姿の奥の方、まぶたの裏に映像が流れるかのようなライブをやり続けたい。聴覚から視覚に訴えるバンドでありたいのです。

一つ一つの写真のような曲に、これからも触れていただければ幸いです。