Biography

伝記について (活動開始〜)
■亡霊達について(伝記参考)

様々な人の手に渡り伝えられた伝記【星鴉】に記されている事を紐解くと、昼夜問わずに各国で身の回りの暗闇、特に夜になると如実にふと姿を現し様々な現象で人間の心を奪い去ってしまう星鴉帝国(せいあていこく)が"存在する"とある。

 何故、過去形ではないのかというとそれは簡単な話。現在でも時々姿を現すからである。

2017年、この日本でも今年から既に私達の身の回りで亡霊と姿を変えた彼らが、変幻自在に現代に現れるという予言ともいうべき内容が記されている。

貴方達の、すぐ身近にそっと忍び寄るのを窺っているのは確かである。

この伝記を紐解いた私も、読んでしまった君たちも、

自身の心の闇を、光に変えるしか、
亡霊たちから逃れる道はない。

彼らの住んでいた屋敷、
いや、今でも彼らの住む屋敷に、
その「光」があるかもしれない。


もはやすでに、闇の世界はあなたの身の回りに。

彼らを巷で今後、目にする事は多い。


彼らの「叫び」から、

逃れられない…


彼らの"想い"を伝える場所、それが、

CABARET(キャバレー)。。
■結成 〜 活動開始 (LIVE/イベント)
2017.01.08 道の駅 まくらがの里こが(茨城県 古河)
     
2017.08.13 道の駅 まくらがの里こが(茨城県 古河

2017.10.07 Music & Restaurant Garage (大阪府 鶴町

2017.12.17 LiveHouse 池袋MANHOLE(東京都 池袋
     
肉声音源 発掘調査 (レコーディング)
■6月
「闇夜への招待状」

巷での噂に関する肉声音源発見。


■9月
「Room Service」

屋敷の亡霊達が現世で生活をしていた頃の一部が録音された音源発見。貴重な肉声資料になるであろう。


■11月 

「恋はMiRaGe」

屋敷に出入りをしていた貴族の恋模様を記した日記の一部とみられる。≪調査団≫


「傷だらけのレスポール」

亡くした友を偲ぶ曲のようだ。伝記を調べてみるとどうやら屋敷の支配人であることが濃厚である。
≪調査団≫


12月
「鴉が鳴く夜」

廃墟と化した【星鴉帝国】時代の屋敷跡にある、
謎の踏切の意味が解き明かされるかもしれない、
貴重な資料である。≪新聞記者≫



■発掘調査、再調査予定

過去も現世にも共通する"人への想い"を伝えていたのであろう、下記は再調査審議中。

■予備/再調査予定

「世に埋もれず 君に贈る歌」

「飴と鞭」

※ 確認次第、随時報告
ステージ面/音楽面/強化合宿
2017.6.3―4